働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

措置入院

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第29条に規定されている入院形態で、自傷他害(自殺や他者に危害を加えるなど)の恐れのある事例に対し、2名以上の精神保健指定医の診察結果の一致により成立します。一番強制力のあるもので、警察官通報によるもの(同法第24条)が多いようです。
 なお、緊急避難的な制度として、72時間を限度に精神保健指定医1名による緊急措置入院があります。