• HOME
  • 産業保健総合支援センター(さんぽセンター)

事業者の方へ

部下を持つ方へ

支援する方へ

コンテンツ一覧

産業保健総合支援センター(さんぽセンター)

  • 事業者の方
  • 支援する方
事業主の方や人事労務担当者の方、産業保健関係者を支援する機関です

独立行政法人労働者健康安全機構が運営する、全国47都道府県の産業保健総合支援センター(さんぽセンター)では、経験豊富な専門スタッフが、産業医、衛生管理者、産業看護職、人事労務担当者等の産業保健関係者の皆様へ、メンタルヘルス対策をはじめとする産業保健に関する相談、研修、情報提供等の支援を原則として無料で行っています。

また、事業主の皆様を対象とした、企業経営の観点から見た産業保健の課題と対策等に関するセミナーや、労働者を対象とした啓発セミナーを開催しています。

「さんぽセンター(産業保健総合支援センター)はじめてガイド」(リーフレット)
さんぽセンターWebひろば

さんぽセンター編

さんぽセンター編(30秒ver.)

メンタルヘルス編

 事業主からの相談内容や要望に応じて、産業保健総合支援センターや地域窓口の専門スタッフが直接事業場を訪問し、メンタルヘルス対策、作業環境管理、作業環境等状況に即した労働衛生管理の総合的な助言・指導を行っています。

項  目事 業 内 容
1 研修 産業保健に関する実践的・専門的な研修
2 セミナー 事業場における労働者の健康管理等に関して、事業主、労務担当者及び労働者の理解と協力を促すためのセミナー
3 産業保健スタッフからの相談対応 産業保健に関する相談対応
4 小規模事業場等からの相談対応、個別訪問支援 小規模事業場の事業主等への特定健康相談や面接指導への対応
5 情報の提供 ホームページ、メールマガジン、情報誌等による産業保健に関する情報提供
6 調査研究 産業保健に関する調査研究

 また、地域窓口(地域産業保健センター)では、地域の小規模事業場の事業主や労働者に対して、さまざまな相談への対応、健康診断の事後対応、面接指導等を実施しています。

 各都道府県の産業保健総合支援センターの相談窓口が記載されているホームページは、次から入ることができます。