働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

統合失調症

かつて本邦では、英語ではschizophrenia、ドイツ語ではSchizophrenieという障害名を,精神分裂病と訳してきました。しかし,この病名は、患者に対する社会的な偏見や差別を生み出し,また患者や家族もその病名に不快さを感じるということもあって,2002年8月に,統合失調症という病名に変更することが決められました。厚生労働省もすぐにこの決定に対応し,行政レベルでも本病名の使用が公認されました。統合失調症の症状としては、幻覚、妄想、興奮、意欲障害、思考障害、睡眠障害等が認められます。しかし、最近では、副作用の少ない向精神薬の使用が可能となり、日常生活や社会的生活に支障が出ることは少なくなっています。また、リハビリテーション等によって社会参加が可能になる場合も多くなり、障害者雇用促進法でも一定の配慮がなされ、就労する機会も多くなっています。