• HOME
  • パワハラに関してまとめたページ

事業者・上司・同僚の方へ

支援する方へ

コンテンツ一覧

パワハラに関してまとめたページ

  • 働く方
  • ご家族の方
  • 事業者・上司・同僚の方
  • 支援する方

厚生労働省委託事業「働く人のメンタルヘルスポータルサイト『こころの耳』」では、「パワハラ(パワーハラスメント・職場のいじめ)」に関する情報を提供しています。

「パワハラ」とは

 パワーハラスメントの略で、職権などのパワーを背景にして、本来の業務の範疇を超えて、継続的に人格と尊厳を侵害する言動を行い、就業者の働く関係を悪化させ、あるいは雇用不安を与えることをいいます。うつ病などのメンタルヘルス不調の原因となることもあります。

 平成24年1月30日、厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」によると、職場のパワーハラスメント(パワハラ)とは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。」とされています。上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれます。

 職場のパワーハラスメントの行為類型は以下のとおりです。(ただし、職場のパワーハラスメントのすべてを網羅するものではありません。)

  1. (1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
  2. (2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
  3. (3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
  4. (4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
  5. (5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
  6. (6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」報告書(平成30年3月公表)

 厚生労働省の「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」にて、報告書が取りまとめられ、平成30年3月30日に公表されました。この検討会は、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)において、「職場のパワーハラスメント防止を強化するため、政府は労使関係者を交えた場で対策の検討を行う」とされたことを踏まえ、実効性のある職場のパワーハラスメント防止対策について検討するため、平成29年5月から10回にわたり開催されました。

 報告書においては、職場におけるパワーハラスメントが減少していない現状と、本検討会において職場のパワーハラスメント防止対策を前に進めるべきということで意見が一致したことを踏まえて、今後は、労働政策審議会において、本検討会で議論された対応案や、現場で労使が対応すべき職場のパワーハラスメントの内容や取り組む事項を明確化するためのものの具体的内容について、議論、検討が進められ、厚生労働省において所要の措置が講じられることが適当であることが提言されました。

「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」報告書

「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」報告書(参考資料)

こころの耳における「パワハラ」に関する役立つコンテンツ

 その他、下記の厚生労働省関連ページもご参照ください。

関連コンテンツ