ストレスチェック後のセルフケア

e-ラーニングで学ぶ「15分でわかるセルフケア」
動画で学ぶメンタルヘルス教室
ストレス軽減ノウハウ

ストレスチェック制度への対応

新着情報

2018年01月16日

サイト内新着情報

平成30年1月16日(火)~平成30年2月15日(木)まで、「こころの耳」の「アンケートモニター募集」をしております。
ぜひ、皆様のご意見をお聴かせください。

2017年12月28日

サイト内新着情報

※「働く人のこころの耳メール相談」の年末年始の相談対応に関するお知らせです。
平成29年12月27日(水)までに届いたメールは、原則、年内に対応致します。
平成29年12月28日(木)以降に届いたメールは、平成30年1月5日(金)以降の対応となる旨、ご了承願います。

2017年12月28日

サイト内新着情報

新着情報一覧

メンタル情報“Now”

2017年12月25日

厚生労働省

「柔軟な働き方に関する検討会」報告を公表します

厚生労働省の「柔軟な働き方に関する検討会」は、このほど報告を取りまとめましたので公表します。
テレワークは子育て、介護と仕事の両立手段となるとともに、ワークライフバランスに資することができ、多様な人材の能力発揮が可能となります。副業・兼業は新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、そして第2の人生の準備として有効です。
この検討会は、今年3月に決定した「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)において、テレワークや副業・兼業について、「ガイドラインの制定など実効性のある政策手段を講じて、普及を加速させていく。」とされたことを踏まえ、平成29年10月から6回にわたり開催されました。
厚生労働省は、この報告を踏まえ、今後、雇用型テレワーク、自営型テレワーク、副業・兼業のガイドライン等の策定・改定を行い、柔軟な働き方の普及促進や環境整備を図っていきます。

2017年12月19日

厚生労働省

平成29年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」受賞者を決定しました

厚生労働省はこのほど、優れた技能と経験を持ち、担当する現場や部署で作業の安全を確保して優良な成績を挙げた職長141名を、平成29年度の「安全優良職長(※)」として厚生労働大臣から顕彰することを決定しました。
この制度は、労働災害による休業4日以上の被災者数が約12万人(平成28年)となる中、高い安全意識を持って適切な安全指導を実践してきた優秀な職長を顕彰することにより、その職長を中心とした事業場や地域における安全活動の活性化を図ることを目的に実施しています。平成10年度から始まり、今回で20回目となります。

※「職長」とは、事業場で部下の作業員を直接指揮監督し、作業の安全確保・遂行に責任を持ち、第一線において「安全」を実現する監督者のこと。班長、作業長などとも呼ばれ、「安全のキーパーソン」と言われる。  

2017年12月12日

厚生労働省

平成29年障害者雇用状況の集計結果

厚生労働省では、このほど、民間企業や公的機関などにおける、平成29年の「障害者雇用状況」集計結果を取りまとめましたので、公表します。
障害者雇用促進法では、事業主に対し、常時雇用する従業員の一定割合(法定雇用率、民間企業の場合は2.0%)以上の障害者を雇うことを義務付けています。
今回の集計結果は、同法に基づき、毎年6月1日現在の身体障害者、知的障害者、 精神障害者の雇用状況について、障害者の雇用義務のある事業主などに報告を求め 、それを集計したものです。

メンタル情報“Now”トップ

関連リンク