ストレスチェック後のセルフケア

e-ラーニングで学ぶ「15分でわかるセルフケア」
動画で学ぶメンタルヘルス教室
ストレス軽減ノウハウ

ストレスチェック制度への対応

新着情報

2018年08月09日

行政情報

労働安全衛生規則の一部を改正する省令が公布・施行され、ストレスチェックの実施者に、必要な研修を修了した「歯科医師」、「公認心理師」が追加されました。詳細は、こちらをご参照ください。

2018年08月06日

サイト内新着情報

「ストレスチェック制度の取り組み事例」に、
第11回「株式会社アキュラホーム(東京都新宿区)」を追加しました。

2018年07月19日

サイト内新着情報

「ストレスチェック制度の取り組み事例」に、
第10回「専門学校YICグループ(山口県山口市)」を追加しました。

新着情報一覧

メンタル情報“Now”

2018年08月10日

厚生労働省

【警察庁】平成30年の月別の自殺者数について(平成30年7月末速報値)

平成30年の7月の自殺者数は、1,645名(速報値)でした。
先月(6月)より41名減少しています。 昨年同月(平成29年7月)より192名減少しています。

2018年08月09日

厚生労働省

ストレスチェックの実施者に、必要な研修を修了した歯科医師・公認心理師を追加

厚生労働大臣は、本日、労働安全衛生法に基づくストレスチェックの実施者を追加するため、労働安全衛生規則の一部を改正する省令を公布し、同日に施行しました。
平成27年に施行された「ストレスチェック制度」は、事業者に対し、労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)や、検査結果に基づく医師による面接指導などを義務づける制度です。
ストレスチェックの実施者は、ストレスチェックを実施し、その結果を踏まえ、面接指導の必要性を判断する者で、産業保健や精神保健に関する知識を持つ医師、保健師、必要な研修を修了した看護師や精神保健福祉士となっています。
今回の改正では、7月11日の労働政策審議会安全衛生分科会の答申を受けて、ストレスチェックの実施者に、必要な研修を修了した「歯科医師」と「公認心理師」を加えました。
厚生労働省では、今回の改正内容を含め、ストレスチェックの適切な実施に向けて、引き続き事業主や労働者への周知を行っていきます。

2018年08月07日

厚生労働省

長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表します

厚生労働省では、平成29年度に、長時間労働が疑われる25,676事業場に対して実施した、労働基準監督署による監督指導の結果を取りまとめましたので、公表します。
この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や、長時間にわたる過重な労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象としています。
対象となった25,676事業場のうち、11,592事業場(45.1%)で違法な時間外労働を確認したため、是正・改善に向けた指導を行いました。なお、このうち実際に1か月当たり80時間を超える時間外・休日労働が認められた事業場は、8,592事業場(違法な時間外労働があったものの74.1%)でした。
厚生労働省では、今後も長時間労働の是正に向けた取組を積極的に行っていきます。

メンタル情報“Now”トップ

関連リンク