ストレスチェック後のセルフケア

e-ラーニングで学ぶ「15分でわかるセルフケア」
動画で学ぶメンタルヘルス教室
ストレス軽減ノウハウ

ストレスチェック制度への対応

新着情報

2018年07月06日

サイト内新着情報

統計情報・調査結果」に、「平成29年度過労死等の労災補償状況」を追加しました。

2018年06月20日

サイト内新着情報

統計情報・調査結果」に、「平成30年版自殺対策白書」を追加しました。

2018年05月10日

サイト内新着情報

平成30年度「こころの耳委員会」および「こころの耳委員会作業部会」のメンバーを更新いたしました。「こころの耳委員会」に、は、新たに4名の委員が加わりました。詳細は、こちらをご覧ください。

新着情報一覧

メンタル情報“Now”

2018年07月11日

厚生労働省

第115回労働政策審議会安全衛生分科会

「ストレスチェックの実施者に、必要な研修を修了した歯科医師及び公認心理師を追加する」旨の「労働安全衛生規則の一部を改正する省令案」の諮問、および「平成29年労働災害発生状況(確定値)」や、「「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」に係る与党及び国会における審議の状況」についての報告がありました。

2018年07月06日

厚生労働省

平成29年度「過労死等の労災補償状況」を公表します

厚生労働省は、平成29年度の「過労死等の労災補償状況」を取りまとめましたので、公表します。
厚生労働省では、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の状況について、平成14年から、労災請求件数や「業務上疾病」と認定し、労災保険給付を決定した支給決定件数などを年1回、取りまとめています。なお、今回は、過去4年間分の裁量労働制対象者に関する決定件数などについても取りまとめました。

【ポイント】
1.脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況
(1)請求件数は840件で、前年度比15件の増となった。
(2)支給決定件数は253件で前年度比7件の減となり、うち死亡件数は前年度比15件減の92件であった。

2.精神障害に関する事案の労災補償状況
(1)請求件数は1,732件で前年度比146件の増となり、うち未遂を含む自殺件数は前年度比23件増の221件であった。
(2)支給決定件数は506件で前年度比8件の増となり、うち未遂を含む自殺の件数は前年度比14件増の98件であった。

3.裁量労働制対象者に関する労災補償状況
平成29年度の裁量労働制対象者に関する脳・心臓疾患の支給決定件数は4件で、すべて専門業務型裁量労働制対象者に関する支給決定であった。また、精神障害の支給決定件数は10件で、うち専門業務型裁量労働制対象者に関する支給決定が8件、企画業務型裁量労働制対象者に関する支給決定が2件であった。

2018年06月28日

厚生労働省

第4回労働者の心身の状態に関する情報の取扱いの在り方に関する検討会 資料

「健康情報の事業場内での取扱いルールに関すること」について、骨子案をもとに検討されました。

メンタル情報“Now”トップ

関連リンク