事業者・上司・同僚の方へ

支援する方へ

コンテンツ一覧

第7回 「傾聴」ってなに?

  • 働く方
  • ご家族の方

読了時間の目安:

1

第7回 「傾聴」ってなに?

ある日のお昼休み。うさやま課長とうさ美が楽しそうに、お弁当を食べています。どうやら、うさやま課長に、とっても嬉しいことがあったようです。

うさ美くん、今までなかなか心を開いてくれないなぁと思っていた部下が、最近いろいろ話をしてくれるようになったんだよ。とっても嬉しくてね、これも「傾聴」のおかげかな。

まぁ、それは嬉しいですね。「傾聴」は、相手と誠実に向き合って、相手のこころを受け止めることです。お二人の間に、信頼関係が築かれているのですね。

いやぁ、まだまだ未熟だけれどね。でも「聴く」ことの大切さは痛感したよ。

・「聞く」は、音が自然に耳に入ってくるような状態
・「訊く」は、自分の関心ごとを相手に質問して引き出すこと
・「聴く」は、相手の関心ごとに注意を払いながらきくこと

みんな自分の話を「聴いて」欲しいんだよね。

ええ、その通りです。「人の話を聴く」には、自分の価値観を外して、相手の話や気持ちをありのまま受け入れて、共感し、相手の価値観でそのまま話をきくことが大切なんです。つまり、相手の伝えたいことを聴くのですね。

うんうん。結論を急がずに、しっかりと耳を傾けるということだね。肝に銘じておくよ。わかっているつもりでも、つい「でも」「しかし」「私の若いころは・・・」 と、言ってしまいそうになることがあるからね。これじゃ話したいことも、話せなくなってしまう。・・・なんて、実は私も傾聴法を学ぶまでは、そう言っていたんだよなぁ。反省、反省。

うふふ。それに、相手のこころは言葉だけではなくて、表情や仕草、さりげない動作や息づかいにもあらわれます。相手を大切に、気を配って聴くことが必要ですね。

そうだね。これからも聴くという漢字のように、十分に「耳」と「目」と「心」 を使って傾聴するように心がけるよ。

関連リンク