• HOME
  • 「こころの耳メール相談」利用規約

事業者・上司・同僚の方へ

支援する方へ

コンテンツ一覧

「こころの耳メール相談」利用規約

  1. 1 基本方針

    (1)「こころの耳メール相談」は、平成29年度の厚生労働省委託事業「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』事業」の一環として、一般社団法人日本産業カウンセラー協会が受託して運営しております。

    (2)一般社団法人日本産業カウンセラー協会が行う「こころの耳メール相談」においては、サイトにて、「利用規約」を設けています。また「利用規約」に付随する各種ガイドラインも必要に応じて設ける場合もあります。利用規約や各種ガイドラインは、随時見直されます。

    (3)相談の受付には、利用規約の同意が必要です。この同意には、各種ガイドラインも含まれます。

  2. 2 適用範囲

    (1)本利用規約及び各種ガイドラインは、「こころの耳」サイト(https://kokoro.mhlw.go.jp/)並びに「こころの耳メール相談」サイト(https://kokoro.mhlw.go.jp/mail-soudan/)や、メールによる相談にて提供されるすべてについて適用されます。(以下、「こころの耳メール相談」という。)

  3. 3 禁止行為

    (1)「こころの耳メール相談」においては、以下の行為を禁止します。

    ・公序良俗に反する行為
    ・第三者の人権を侵害する行為
    ・第三者の知的財産権を侵害する行為
    ・第三者に迷惑又は損害を与える行為
    ・ウイルスなどで情報資源を破壊する行為
    ・返信の複製、改ざん、転載等の行為
    ・情報資源への不法侵入を目的としたプログラムを作成及び配布する行為
    ・その他、「こころの耳メール相談」、並びにシステムの正常運営を妨げる行為

  4. 4 返信

    (1)「こころの耳メール相談」は所定の訓練を受けた産業カウンセラー等のメール相談員によって行われております。心をこめて活動致しますが、あなたの状況が確実に改善することや、あなたのご希望に必ず沿うことは保証はできません。

    (2)「こころの耳メール相談」では、病名の診断や治療方法の提示、現在受けている医療の是非の判断等、医療行為にあたる内容、並びに法律、税務等専門的知識を必要とする相談には、一切対応できません。

    (3)「こころの耳メール相談」では、パソコン・携帯電話使用によるブラウザ・メールソフトウェア等の設定方法、使用方法等に関する相談には、一切対応できません。

    (4)「こころの耳メール相談」では、法令に違反するもの、脅迫的なもの、相談と判断できないもの等については、一切対応できません。

    (5)「こころの耳メール相談」では、その他禁止行為に関する相談には、一切対応できません。

  5. 5 機器

    (1)「こころの耳メール相談」のご利用の際は、パソコン・携帯電話・インターネット回線などの設備・通信費、ブラウザ・メールソフトウェア等の一切を、自己責任と自己負担においてご用意願います。「こころの耳メール相談」では、設定方法、費用、導入等による一切について保証できません。

  6. 6 システム

    (1)「こころの耳メール相談」におけるシステムは、できる限りの安全対策を講じていますが、システムやプログラム、ネットワーク等の完全な安全を保証するものではありません。 システムやプログラムにエラーや不具合が生じた場合は、最善の対処をするよう努力いたしますが、必ず修正・改善する事は保証できません。

    (2)「こころの耳メール相談」におけるサイト上の「メールフォーム」からの相談に関しては、相談文は暗号化して第三者に見られる事なく「こころの耳メール相談」のメール相談員が受け取ります。返信は、サイト上の「メールフォーム」の「メールアドレス」欄にご記入いただいたメールアドレスにメール送信致します。ご了解の上、ご利用ください。

    (3)「こころの耳メール相談」におけるシステムでは、デコメール、絵文字等添付ファイルが含まれるものは、受信することができません。

    (4)「こころの耳メール相談」では、メール本文が1000文字を超える場合、受信できないことがあります。

  7. 7 運用

    (1)「こころの耳メール相談」サイト、システム、利用規約などは、予告なく改変・停止することがあります。その告知は「こころの耳メール相談」サイトにて致します。

    (2)「こころの耳メール相談」における相談内容は、メール相談員、スーパーバイザーである医師、並びにこころの耳運営事務局の事務局長の間でのみ共有されます。

    (3)必要に応じて、ネットワーク利用状況の把握をすることがあります。

    (4)「こころの耳メール相談」を利用する中で不適切な行為により、損害が発生した場合、費用・賠償金の負担(弁護士費用を含む)を請求することがあります。

    (5)メール相談員はすべて匿名です。自ら名乗ることはありません。当サイト以外のインターネット上で、「こころの耳メール相談員」として活動することはありません。当サイト以外で、「こころの耳メール相談員」と名乗る者があっても、当法人とは無関係です。

    (6)「こころの耳メール相談」における相談内容とお答えした内容については、働く人のメンタルヘルス向上のために、個人情報や個人の特定に繋がるような情報を削除し、改編した上で、FAQ等として当サイトで公開させていただく場合があります。

    (7)「こころの耳メール相談」では、相談者の個人情報を秘守する事は何より重要(プライバシーポリシー)と考えておりますが、禁止行為に関する相談等の場合は、警察へ情報の提供をするなどの対応をします。 また、犯罪予告や自殺予告などの記載があった場合は、相談者の安全を最優先に考え、「警察庁サイバー犯罪対策 http://www.npa.go.jp/cyber/)」に情報提供します。