働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

精神障害等の判断指針

発病前6か月程度の間に業務による強い心理的負荷があり、業務以外の心理的負荷や固体側要因(既往歴・社会適応状況、アルコール等依存状況)による発病ではない精神障害は、業務上疾病として取り扱い、その精神障害により自殺した場合も原則として労災補償の対象とする旨の通達です。(平成11年9月14日付け基発第544号)