働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

休業補償給付

休業補償給付(通勤の場合は休業給付)は、仕事(通勤)が原因となって負傷し、又は疾病にかかり、療養のため労働ができずに賃金を受けることができない場合で、休業が4日以上になるときに請求により受けることができるものです。その額は、休業1日について給付基礎日額の60%です。休業を始めた最初の3日間については、使用者が平均賃金の60%に当たる額を支払うことになりますが、通勤災害の場合にはその支払いの義務はありません。