働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

中高年自殺

1998年以来、わが国の年間自殺者数は3万人台という緊急事態が続いていますが、40~50歳台の自殺者が全体の約4割を占めています。とくに中高年の男性の自殺が増えたことが社会問題化しています。大きな社会変動が生じた際に、若年男性の自殺率が増えるというのが世界的に一般的に認められる特徴ですが、中高年の男性の自殺が急増したことは最近のわが国の自殺の大きな特徴と言えます。