働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト
  • HOME
  • 用語解説
  • 自殺の危険因子(自殺未遂歴、喪失体験、自己傾性)

自殺の危険因子(自殺未遂歴、喪失体験、自己傾性)

次にあげるような項目を数多く満たす人は潜在的に自殺の危険が高い人と考えられます。①これまでに自殺未遂に及んだことがある、②十分にコントロールされていない精神障害、③周囲から十分なサポートが得られない、④中高年の男性、⑤喪失体験(自分にとって重要な関係にある人や価値あるものを喪う)、⑥自殺の家族歴、⑦事故傾性(自己の安全や健康を守れない)。