働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

国連自殺予防ガイドライン

1991年のUN(国際連合)総会で自殺の問題の深刻さが認識され、国家レベルで自殺予防のための具体的な行動を開始することが提唱されました。この提唱に基づき、WHO(世界保健機関)は1993年にカルガリーで開催された専門家会議をもとに、UNとWHOは「自殺予防:国家戦略の作成と実施のためのガイドライン」を公表しました。このガイドラインの特徴は、それぞれの国に応じた包括的アプローチを提唱している点にあります。