働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

メタボリックシンドローム

内臓脂肪型肥満では、内臓の周囲についた脂肪が、いろいろな悪玉の生理活性物質(サイトカイン)を分泌し、ほっておくと高血圧、糖尿病、脂質異常症(中性脂肪が高い、善玉コレステロールが低い、悪玉コレステロールが高いなど)を起こします。これらが重なると、動脈硬化が進みやすく、脳卒中や心筋梗塞などの病気の引き金になります。
この状態をメタボリックシンドロームと言い、生活習慣病の代表です。
内臓脂肪型肥満を改善することにより、これらの病気を改善し、脳卒中や心筋梗塞のリスクを下げることができます。