働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

構造化面接

質問の内容、順序、使用する言葉(表現)まで定められた面接法を言います。均質化された一定の面接によって、診断や評価のばらつきを抑えることを狙いとしており、精神疾患に関する大規模な(疫学)調査などでよく用いられてきました。職場の健康管理においても、長時間労働者に対する医師面接などで、活用されることが推奨されています。