働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト
  • HOME
  • 用語解説
  • 管理区分(診断区分、就業区分、指導区分)

管理区分(診断区分、就業区分、指導区分)

健康診断や面接指導において、心身の現在の負担状況を評価して健康管理を実施する上での区分をいい、診断区分・就業区分・指導区分の3区分の決定を行います。診断区分では医学的判断に基づいて、異常なし・要観察・要医療に分けます。就業区分では労働者の体調に見合う就業条件の判断を行い、通常勤務・就業制限・要休業に分けます。指導区分では指導不要・要保健指導・要医療指導の3段階に分けて必要な指導を行います。