働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

衛生管理者

業種を問わず常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者を選任しなければなりません(労働基準監督署への選任報告が必要)。有害業務のある製造業等では「第一種衛生管理者免許」が必要ですが、有害業務のない業種では「第二種衛生管理者免許」でかまいません。衛生管理者は、少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、設備や作業方法、衛生状態に問題があるときは直ちに必要な措置を講じなければなりません。