働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

労働条件の明示

労働契約を締結する際に、使用者は労働者に労働条件を明示するよう義務付けられています。明示すべき主な事項は(1)雇用期間(2)就業場所・従事業務(3)始業・終業・休憩・休日等の労働時間(4)賃金の計算・支払期日・締切日等の賃金事項(5)退職事項(6)残業の有無などで、通常、労使間で問題となりやすい事項です。特に(1)~(5)については書面(雇入通知書)に書いて渡す必要がありますが、当該事項が書かれた就業規則を一緒に渡すことで記載事項を少なくすることも出来ます。