働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

労働時間の原則

労働基準法により労働時間は、原則として、1週間40時間、1日8時間と定められています。これを法定労働時間といいます。使用者はその時間を超えて働かせることもできますが、その場合には、時間外・休日労働協定を締結し・届出することが必要となり、また、法定率以上の率で算定した割増賃金を支払わなければなりません。実際には、法定労働時間の枠を前提として、労働する各日の労働時間(所定労働時間)、休憩時間、始業時刻、終業時刻等が働く職種や場所によりそれぞれ事業場で決められます。