働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

平均賃金

労働者を解雇する場合の予告に代わる手当や年次有給休暇を取得した際に支払われる賃金、労働者が業務上負傷し、疾病にかかった場合などの労災補償等を算定する際に用いられる尺度を言います。例えば労災補償では「・・平均賃金の○日分の○○補償を・・」などとされています。平均賃金の算定は原則として、「(平均賃金)=(算定すべき事由の発生した日以前3ヶ月間に支払われた賃金総額)÷(その期間の総日数)」ですが、3ヶ月間も働いていない場合や休業期間がある場合など原則どおりにいかないケースも多いので、算定方法については法令等でさらに詳細に定められています。