働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

フレックスタイム制

労働者が、予め定められた始業・終業の時間帯の中で自らの出退勤の時刻を決定することができる変形労働時間制の一つで自由勤務時間制とも言われています。この制度を始めるにあたっては、実施する労働者の範囲、清算期間(1箇月以内の期間)、コアタイム(全員が勤務すべき時間)など一定の事項を定めた労使協定を締結することやその旨を就業規則に記載することが必要です。