働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

男女同一賃金の原則

賃金について、女性であることを理由として男性と差別してはならない原則を言います。労働基準法第4条に規定されており、違反しますと罰則があります。男女で全く同じ内容の仕事を、同じ効率でこなしているのに賃金に差があるような場合が典型例です。職務や能率に差があるような場合には当てはまりません。