働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

時間外・休日労働

労働基準法上、時間外労働及び休日労働は特別の意味を持ち、割増賃金の支払いの対象などにされています。時間外労働となるものは、1日(8時間)又は1週(40時間)の法定労働時間を超える労働のことをいい、事業場独自に定めた所定労働時間を超えた労働でも法定内であれば法律上の時間外労働とはなりません。また、同法により法定休日は1週1日または4週4日と定められていますが、週休2日制のように1週間に2日の休日がある場合は、どちらが法定の休日であるか予め定めておく必要があります。