働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

最低賃金法

賃金の低廉な労働者について賃金の最低額を保障することにより、労働者生活の安定に資するよう、最低賃金の額、最低賃金の効力、最低賃金の種類、決定手続き、違反した場合の罰則等について規定する法律です(昭和34年4月15日法律第137号)最低賃金額は時間によって定めること、効力については、最低賃金額に達しない賃金を定めるものは無効(最低賃金額の定めをしたものとみなされる。)であること、最低賃金の種類について全国各地域において適用される地域別最低賃金、一定の事業若しくは職業に適用される特定最低賃金について規定していること、最低賃金審議会(中央及び地方)の役割を定めていること、最低賃金を支払わなかった場合には50万円以下の罰金となること等が規定されています。