働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

1週間単位の非定型的変形労働時間制

1日の法定労働時間(8時間)にかかわらず、特定の1週間当たりで1日について10時間まで労働させることができる制度です。日ごとの業務に著しい繁閑の差が生じることが多く、かつ、これを予測して各日の労働時間を特定することが困難な零細規模の一部のサービス業について認められます。実施にあたっては労使協定を結び、労働基準監督署に届出が必要です。