働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

育児時間

生後1年未満の生児を育てる女性は、休憩時間(労働基準法第34条)とは別に1日2回各々少なくとも30分、授乳や世話などのために育児時間を請求できます。使用者は、この時間就業させることはできません。なお、請求できる時間帯、託児所等の往復時間、育児時間中の賃金、変形労働時間制のもとで就業している場合の取り扱い等は、通達で示されています。