数字と絵でわかる職場のメンタルヘルス
精神障害の労災補償件数の推移と主なできごと
数字と絵でわかる職場のメンタルヘルス

精神障害の労災補償件数の推移と主なできごと

厚生労働省は、1999年の通達にて「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」を初めて示すと共に、通達「精神障害による自殺の取扱いについて」では、「業務上の精神障害によって自殺が行われたと認められる場合、故意には該当しない」と示されて以降、精神障害の労災申請件数が増加しています。

この「数字と絵でわかる職場のメンタルヘルス」では、厚生労働省が毎年公表している「過労死等の労災補償状況」に基づき、精神障害の労災補償件数推移とその間の主なできごとについて、分かりやすく示します。

2000

この2年間の主な出来事

「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」、「精神障害に係る自殺取扱い」[1999年]、「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」、「電通事件」最高裁判決[2000年]

この2年間の主な出来事

通達「過重労働による健康障害防止のための総合対策について」、リーフレット「職場における自殺の予防と対応」(精神科医受診の勧め)、5年連続年間自殺者数3万人超え、支給決定件数100件超え[2002年]

この2年間の主な出来事

年間自殺者数34,427人過去最多[2003年]、「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」(職場復帰支援プログラム、5つのステップ)、請求件数500件超え[2004年]

この2年間の主な出来事

「労働安全衛生法」改正(長時間労働者への医師による面接指導義務化)、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(4つのケア、事業場内メンタルヘルス推進担当者の選任)、支給決定件数200件超え[2006年]

この2年間の主な出来事

「労働契約法」施行(安全配慮義務の明文化)、10年連続年間自殺者数3万人超え[2007年]、各都道府県に「メンタルヘルス対策支援センター」を設置[2008年]

この2年間の主な出来事

「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」改正(いじめ等を追加)、請求件数1000件超え[2009年]、「労働基準法施行規則」改正(精神障害が業務上疾病に)[2010年]

この2年間の主な出来事

「心理的負荷による精神障害の認定基準」(過度の長時間労働、セクハラ等を明確化)[2011年]、「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言取りまとめ」(パワハラの定義)[2012年]

この2年間の主な出来事

「過労死等防止対策推進法」施行(過労死等の定義、国の責務の明示)[2014年]

この2年間の主な出来事

「過労死等の防止のための対策に関する大綱」制定、「労働安全衛生法」改正(ストレスチェック制度義務化)、請求件数1500件超え[2015年]

請求件数
212
認定件数
36
うち自殺
(未遂を含む)
19
労災補償件数の推移
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 000
  • 1600
  • 1400
  • 1200
  • 1000
  • 800
  • 600
  • 400
  • 200
  • 0
  • 2000
  • 2001
  • 2002
  • 2003
  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 請求件数
  • 認定件数
  • うち自殺
精神障害の労災請求事案の迅速決定に向けて

厚生労働省は2011年「心理的負荷による精神障害の労災認定基準」を新たに定めて以降、この基準に基づいて審査の迅速化を図り、精神障害の労災請求事案について、6か月以内の決定を目指しています。また、分かりやすくなった心理的負荷評価表(ストレスの強度の評価表)を周知することにより、業務によって精神障害を発病した人の認定の促進も図っていきます。

これらが円滑に行われるよう、情報収集先として「こころの耳」サイトをご活用ください。

replay
画面を縦にしてご覧ください