事業者の方へ

部下を持つ方へ

支援する方へ

コンテンツ一覧

8月 暑くていら立ちの多い季節

  • 働く方
  • ご家族の方
  • 事業者・上司・同僚の方
  • 部下を持つ方
  • 支援する方

読了時間の目安:

2

皆さんは、この暑さで同僚や上司・部下に対して、いつもよりイライラしてしまいがちではありませんか。ついその場でカッとなってしまい、後で冷静になった時に「あんなに怒ることなかったのになぁ」と、反省することもあるでしょう。イライラは、とてもやっかいですね。

そのような時には、次のような行動を試してみましょう。

●その場をいったん離れる。少し気分が落ち着くことにつながります。
●手を洗いに行く。水は気持ちを静めてくれる作用があると言われています。
●イライラしたことを文章にしてみる。文字に視覚化すると冷静に判断できるかもしれません。

また、軽い運動をすることで、セロトニンという脳内物質が分泌されて、イライラ感が減少すると言われています。「こころの耳」の関連サイト「ポジティブ・シェアリング」には、楽しみながら行えるショートドラマ形式のストレッチ講座「東京ストレッチ物語」があります。職場や自宅で、ちょっとした空き時間を使ってできるお手軽ストレッチを厳選しています。基本となる呼吸法から、心や身体の気になる症状を改善する7つのストレッチをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

その他、イライラを笑いで吹き飛ばすのもおすすめです。笑い声「ハ(8)ハ(8)」の語呂合わせで、8月8日は笑いの日とも言われています。「Selfcare こころの健康 気づきのヒント集」では、ストレス解消法の一つとして、「笑いのススメ」を取り上げて、次のように記載されています。

「最近、思いきり笑ったことはありますか?心の余裕を失うと笑いは少なくなり、無表情になりがちです。笑いによって自律神経のバランスを整えたり、ガン細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化し、免疫力を正常化させる効果もあります。日常生活に『笑い』をうまく取り入れて、健康で楽しい日々を送りましょう。

笑いの効果は良い事ばかりですね。これに対して、人はイライラすると、気持ちが興奮して集中力が弱まり、ミスや事故を起こしやすくなります。イライラは悪い事ばかりです。暑いときこそイライラしないために、スマイルを心がけましょう。

関連サイト