• HOME
  • コラム(その他)
  • 職場のメンタルヘルスケア 季節のコラム:6月 外国人の方との働きやすい職場づくり

事業者の方へ

部下を持つ方へ

支援する方へ

コンテンツ一覧

6月 外国人の方との働きやすい職場づくり

  • 働く方
  • ご家族の方
  • 事業者・上司・同僚の方
  • 部下を持つ方
  • 支援する方

読了時間の目安:

4

厚生労働省では、毎年6月を「外国人労働者問題啓発月間」と定めています。外国人労働者の就労状況を見ると、派遣・請負の就労形態が多く雇用が不安定な状態にあったり、社会保険に未加入の方が多かったりと、雇用管理上の改善が早急に取り組むべき課題となっています。一方、専門的な知識・技術を持つ外国人(いわゆる「高度外国人材」)の就業促進については、企業側の受け入れ環境が整っていないなどの理由で、まだ不十分な状況です。そのため、厚生労働省は、事業主団体などの協力のもと、労働条件などルールに則った外国人雇用や高度外国人材の就職促進について、事業主や国民を対象とした集中的な周知・啓発活動を行っています。

最近は会社の規模にかかわらず、外国人の方と一緒に働く機会が増えているかと思います。企業は、人事制度の国際化や伝統的な日本式の働き方の見直しを迫られています。一方、外国人労働者は日本社会への適応や日本的働き方への理解を求められます。外国人雇用がうまくいくためには、「お互いの違いを認めて、その違いによる不都合を協力して解決し、改善や発展に結びつけていくという考え方が大切です。この考え方は、外国人雇用に限ったことではないと思います。日本人同士でも考え方や仕事のやり方が異なることもあるでしょう。新人社員や中途社員が入社したことで、新しい風が職場に吹き込まれることもあるでしょう。これからの時代は、新しい課題に向き合う積極性と努力が不可欠になってきていると感じられます。

職場の中での他者(相手)との関わり方について、「こころの耳では、自分と他人との交流パターン(人間関係)に着目することで、人間関係の改善や自律的な生き方・自己実現に役立つ、「Eラーニングで学ぶ『15分でわかるはじめての交流分析』があります。交流分析が目指すのは、自律性の確立と自分と他者とのOK-OKな人間関係作りです。交流分析は治療のための心理療法として発展してきましたが、現在では教育、ビジネス、医療、介護、子育てなどで幅広く活用されると共に、職場におけるメンタルヘルス対策、コミュニケーションの活性化としても行われています。Eラーニングではクイズもご用意しており、楽しみながら学べますので、ぜひご活用ください。

また、外国人の方の相談先として2つご紹介します。一つ目として、労働条件等の相談に対しては「外国人労働者向け相談ダイヤル」があります。日本国内で就労する外国人労働者にも、労働基準法、労働契約法、最低賃金法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法等労働基準関係法令が適用されます。外国人の方にとっても日本で働くルールを知ることは大切です。二つ目としては、「よりそいホットライン」があります。どんな人の、どんな悩みにも寄り添って、一緒に解決する方法を探してくれます。どちらの相談先も外国語対応をしておりますので、ひとりで抱え込まずに、まずはお電話してみてはいかがでしょうか。

関連サイト