事業者の方へ

部下を持つ方へ

支援する方へ

コンテンツ一覧

3月はみんなで「いのち支える」

読了時間の目安:

2

3月と言えば桃の節句ですが、例年、自殺者数の最も多い月でもあることから、自殺対策基本法により「自殺対策強化月間」と位置付けられています。

「自殺対策強化月間」では、官民が一体となって、悩んでいる人が支えられ、つながることができる社会を目指して、各種相談事業などと周囲の人に寄り添える「ゲートキーパー」の行動や役割の普及を重点的に実施しています。実施の際に、「いのち支える」ロゴマークの使用が推進されているため、皆さんも一度は目にされたことがあるのではないでしょうか?

相談窓口としては、大きく3つに分かれています。

1 電話相談等
2 メール等による相談
3 SNS相談(LINE・チャットでの相談)

代表的な電話相談窓口としては、下記2つがあります。

平成10年を境に3万人を超えていた日本の自殺者数は、平成21年以降3万人を切り、減少傾向にあります。しかしながら、自殺死亡率が大きく減ったのは中高年層で、若年層にはあまり変化がみられません。
最近では、若い方々が利用しやすいLINEやチャットでのSNS相談を充実することで、全ての年齢層の自殺死亡率の減少につなげていこうという動きが広がっています。

皆さんが身近なところで積極的に関わる方法の一つとして「ゲートキーパー」があります。「ゲートキーパー」とは、「命の門番」と言われており、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守ることなどの対応がとれる方の事です。
各地域では、この時期「ゲートキーパー養成研修会」が、多く開催されています。ご自身のため、そして大切な周囲の人々を守るために参加されてみてはいかがでしょうか?

「こころの耳」では、自殺対策強化月間の3月限定で特設サイト「自殺予防総合情報(期間限定)」を開設しています。多くの方々にこの自殺対策強化月間を周知して頂けるようご協力をお願いいたします。

関連リンク